Photographer for all Artists.

Mathis Bereuter (pianist)

先日、「急遽新しい写真が必要なんだけど」という連絡があり、その翌日に2時間ほど撮影し、すぐに編集して納品という強行スケジュール。

撮影場所は、もうある程度勝手知ったる某芸大のとある校舎内。
もう何度この建物の中で撮影したことか。

出迎えてくれたのは青い目の長身イケメンピアニスト。来年の3月には日本でもコンサートをするとのこと。(実は過去にも数回日本でコンサートをしているようです)

まずはスタンダードに撮影。

だいたいこういうアングルで使うレンズはWalimexというメーカーですが、このレンズはSamyangという韓国製レンズ。
完全マニュアルなので、全開放1.4ではピント合わせも大変なので、F値2.8がモニターでピントをしっかり合わせる限界な気もします。

次のアングルも僕がよく使う、ピアノの内部を背景にするアングル。

真顔バージョンと、
笑顔バージョン彼の特徴でもある【青い目】を少しでも特徴的に捉えたくて試行錯誤しました。

続いてのアングルは今まで使っていなかったアングル。

過去に女性ピアニストで試したことがあったんですが、ピアノの反響版の存在感が強すぎたのでその時はお蔵入り。でも彼のように身長がある人にはこれも有りかと思います。

今回の撮影では【ピアノ無し】でもとってみたいという気持ちもあったので、協力してもらいました。

とりあえず、楽譜を持ってもらいました。

次からは完全にポートレート。

個人的にお気に入りな一枚です。
ぜひ日本でのコンサートにはこの写真を使っていただきたい!

ピアニストということで、【手】を(見たまんま)前面に押し出した、こちらもお気に入りの写真。(でも彼は片手の写真の方がいいって言ってましたが)

もうこの辺からは、完全にファッション誌です(笑)

ちょっと編集で時間帯を【夜】という設定でやって見ました。

Mathis Bereuter

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2017 Kohei Hirotsu Photography

テーマの著者 Anders Norén

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial