Photographer for all Artists.

M – Eine Stadt sucht einen Mörder

Komische Oper Berlin が先ほど初演したオペラ

【M – Ein Stadt sucht einen Mörder】

というオペラ。作曲はMoritz Eggert。
ものすごく不思議な世界観のオペラ。
原作は1931年に制作されたドイツ映画。(フリッツ・ラング監督作品)

連続少女殺人事件の犯人 M(Mörder=殺人者)が警察や街中の人々から、どんどん追い詰められていく内容。

M以外は人形の顔を被っているのがまた不気味さを醸し出す。

映画でも舞台はベルリン。
舞台上の警察のシーンでもベルリンの地図が貼られています。

警察だけではなく、町中の犯罪者や住民たちもMを探し始め、Mは徐々に追い詰められていく。

 

多分ですが、このシーンはMが殺した少女達の霊が彼を追い詰めていくように思えました。(撮影に集中してて歌やセリフはあまり聞いていなかったので)

 

次へ 投稿

返信する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© 2019 Kohei Hirotsu Photography

テーマの著者 Anders Norén

Social Share Buttons and Icons powered by Ultimatelysocial